診療内容

HOME >  診療内容 > 根管治療

診療時間

[月・金]9:30~13:00/15:00~19:45 [火・水]9:00~13:00/14:00~18:15 [土曜日]9:00~14:00 [休診日]木・日・祝

ご予約・ご相談

パソコンからインターネットで、診療予約、順番受付ができます。

インターネット予約

お電話でのご予約も受け付けております。お気軽にお問い合せください。

TEL:06-6704-4777

根管治療(根の中の治療)

一般に根管治療はむし歯の治療と異なり患者さん自身見えないところを何回もかかる治療です。痛みがあり根管治療を数回すると痛みが無くなり通院をしなくなってしまう患者さんもいらっしゃいます。歯根(歯の根)があるからこそ、その歯に被せ物(全部被覆冠 etc.)の治療に移れますが根がダメになってしまうとその歯が抜歯になりその前後の歯を治療するブリッジにまた、義歯(入れ歯)になることもあります。そうならないために歯の基礎の部分である根管をしっかりと治療しましょう。

歯根の治療の流れ(神経がある場合)

  • 1)治療前の状態です。虫歯が大きく神経まで進行し、何もしていなくても「ズキズキ」痛みます。
  • 2)虫歯を除去し、神経の穴を見える状態にします。
  • 3)根の中に、神経を失活する薬を入れてフタをします。

4)神経を取った後、硬いものなど噛みますと歯が割れる可能性がありますので、しばらく治療している歯がある方で食事をすることは控えめにしてください。

次の来院時・・・

  • 1)フタをはずして、根の治療用器具を使用して根の中をキレイにしていきます。
  • 2)根の中をキレイにする為に薬剤で洗浄していきます。
  • 3)フタをして終了です。

この作業を何回か繰り返します。
根の状態をチェックして、状態が良ければ次のステップです。
安定性のある薬剤を根の中に入れます。小さなレントゲンで確認し、根の治療が終わります。
歯は今、空洞になっていてこのままだと割れる可能性がありますので、土台をつけていきます。

歯根の治療の流れ(神経がなく、根の先に膿の袋がある場合)

  • 1)被せものがある場合は、除去します。
  • 2)中の土台も除去します。
  • 3)根の中の安定性のある薬も除去します。
  • 4)根の中をキレイにする為に薬剤で洗浄していきます。
  • 5)根の中に細菌を殺すお薬を入れフタをして終了です。

この作業を何回か繰り返します。根の状態によって回数は異なりますが、根の先に膿の袋があるため、大体3回~4回通院して頂きます。

根の中がキレイになったら・・・

根の中がキレイになっても、根の先の膿の袋がありますので、根の中に仮のお薬をつめます。
このお薬が膿の袋の治癒を促進するので、お薬を詰めたまま1,5ヶ月~2ヶ月待ちます。
2ヶ月後、レントゲンを撮って状態を確認し、膿の袋が改善されていたら、安定性のある薬剤を根の中に入れて終了です。

このページの上へ

ページの先頭へ