診療内容

HOME >  診療内容 > ドライマウス

診療時間

[月・金]9:30~13:00/15:00~19:45 [火・水]9:00~13:00/14:00~18:15 [土曜日]9:00~14:00 [休診日]木・日・祝

ご予約・ご相談

パソコンからインターネットで、診療予約、順番受付ができます。

インターネット予約

お電話でのご予約も受け付けております。お気軽にお問い合せください。

TEL:06-6704-4777

ドライマウスとは?

ドライマウス(口腔乾燥症)とは、さまざまな原因で唾液が減少・欠乏する症状のことです。
初めは、お口の中がねばついたり、やたらと乾燥する程度の症状ですが、ひどくなると、唇にひび割れが起きたり、舌がひりひりしたりして、口の中全体に潤いがなくなっていきます。やがては、舌や口腔内に炎症や白斑が現れ、ひび割れや出血が起こる程に進行することもあります。唾液が不足すると、お口や喉が常に乾くだけでなく、舌や口腔内に痛みを感じるようになります。
ドライマウスがさらに進行すると、舌がからんで上手に会話ができなくなる方や、食物が飲み込みにくくなる方、味覚に異常をきたし、味がわからなくなる方もあらわれます。また、入れ歯を使用されている方だと、唾液の表面張力が作用しなくなるため、義歯を装着しにくく取れやすい状態となり、常に違和感を感じてしまうことになります。
乾燥がひどいせいで、食事を取ることもうまくできず、話すこともおっくうになる。乾きによる不快感で夜、熟睡することができなくなる。乾燥によるヒリヒリ感を通り越して、口腔内に焼け付くような痛みを感じる。
さまざまなつらい症状がおきてしまうのです。

ドライマウスは口臭・歯周病・虫歯の原因にも。。。

唾液には、お口やのどに潤いを与えるだけでなく、食べカスを洗い流す作用や、抗菌作用もあります。そのため唾液が不足すると、口腔内の雑菌が繁殖しやすくなり、さまざまなお口のトラブルを引き起こします。虫歯や歯周病になりやすくなり、悪臭を発する雑菌の繁殖から、口臭がきつくなります。また、お口の中が乾燥すると、小さな傷がたくさんでき、歯や歯茎もどんどん痛んでしまうのです。

ドライマウスの原因は様々です

1)食生活

現代の食生活では唾液を十分に出さなくても飲み込めるようなファーストフードや食事が主流になっています。 このため唾液の分泌が従来よりも少なくなり、口の中の潤いが足りず、口が渇く、舌がひび割れて痛い、などの症状があります。

2)精神的ストレス・緊張

ストレスがかかったり緊張をすると交感神経が刺激され、唾液の分泌が抑制されます。あまり緊張しないよう楽しくゆとりある生活を心がけてみてください。
気分転換をしましょう。

3)薬物

ドライマウスを引き起こす薬剤

抗うつ薬 クロミプラミン,イミプラミン,フルボキサミン等
抗不安薬 ジアゼパム,アルプラゾラム,ヒドロキシジン等
向精神病薬 ハロペリドール,リチウム等
抗パーキンソン薬 ビペリデン,トリヘキシフェニジル,レボドパ等
抗高血圧薬 カプトプリル,クロニジン,カルベジロール等
抗ヒスタミン薬 ジフェンヒドラミン,アステミゾール,クロルフェニラミン等
利尿薬 クロロチアジド,クロルタリドン等
抗コリン作用薬 アトロピン,スコポラミン等
抗痙攣剤 カルバマゼピン等
鎮痛薬 イブプロフェン,フェノプロフェン,ナプロキセン等
気管支拡張薬 アルプテロール,イソプロテレノール,イプラトロピウム等

4)年齢のよるもの

年齢とともに口やアゴの筋力が低下や萎縮がおこり唾液の分泌量が低下します。
70歳以上で男性16%、女性25%の量的低下。80歳では老人性萎縮により25%以上の低下。

5)口で呼吸する(口呼吸)

鼻炎などの鼻疾患や癖などで口で呼吸をすれば唾液は蒸発してしまい口が渇く原因となります。
鼻疾患の治療や癖をなおしましょう。

6)その他病気など

浮腫、脱水症、糖尿病、シェーグレン症候群、放射線、骨髄移植など。

このページの上へ

ページの先頭へ